緑内障は検査で発見│早めに治療して解決を図ろう

医者

目の前を漂う糸くず

女医

飛蚊症は目の前を糸くずが飛んでいるように見える症状で、放っておいても問題ない場合もありますが、網膜剥離などが原因の場合もあるので注意が必要です。治療するには手術のほか、レーザー機器を使う方法もあります。

More...

眼の病気と対策

目元

緑内障は40代から発症する眼の病気です。初期には自覚症状がほとんどなく、知らない間に症状が進行してしまうことが問題と言えます。緑内障を早めに見つけるためには、眼科での定期検診が必要です。大阪には専門外来を設ける眼科があり、専門医が充実した検査や診療を行います。

More...

視力を保ち続けるためにも

ドクター

黄斑変性症は網膜の中心にある黄斑が加齢とともに変形する病気で、早期発見が何よりも大切な病気のひとつです。また、眼科ごとに得意とする病気が異なりますから、事前に大阪のどの眼科が黄斑変性症の治療を得意としているのかを調べてから行くようにするべきです。

More...

眼圧がもたらす目の病気

女性

手遅れになる前に

目は、ものを見る、という体の臓器の中でも特に特別な役割を果たしているものです。では、いつも見えていた視界が突然狭くなってしまったらどのように感じるでしょうか。歩くのも危険ですし、不安に襲われストレスが溜まってしまいます。そして、実際にそのような目の病気があります。それが、緑内障と呼ばれるものです。緑内障は、今まで普通に見えていた視野が、徐々に欠けていってしまう病気です。一度欠けた視野は、二度と元には戻らないため、緑内障の発見が遅れてしまうと失明してしまう可能性もあります。また、突然視野が欠ける、というものではなく、じわじわと目を侵食していき徐々に見えなくなってくるというものなので、自覚症状に気づかない人も多く、注意が促されている病気です。

治療と早期発見

緑内障の原因は、房水と呼ばれる水が関係しています。眼球の中は、この房水と呼ばれる水で満たされていますが、加齢や、その他の目の病気など様々なことが原因となり、房水の排泄が正しく行われず、眼圧が上昇してしまうことがあります。そして眼圧が上昇してしまうことによって、徐々に視野が欠けていってしまうのが、緑内障です。上記の通り、一度欠けた視野は元に戻すことはできないため、治療は今ある視野を欠けさせないよう、進行を食い止めるためのものとなり、長期の治療になるため、根気も必要となります。緑内障は、誰にでも起こりうる目の病気です。少しでも目の見え方がおかしい、と感じた場合はすぐに眼科へ行き検査を行い、早期発見にとつめることが大切です。